You are currently viewing Mewstone wines(ミューストーン)と契約致しました!

Mewstone wines(ミューストーン)と契約致しました!

  • 投稿カテゴリー:NEWS&BLOG

Lucioleのブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

オーストラリア・タスマニアでライジングスターと大絶賛されているミューストーンワインをご紹介します。ルシオールと独占契約を結んで頂き、9月に日本初輸入となります。

オーストラリアで最も権威のあるハリデイコンパニオンで2019年にはニューワイナリーオブザイヤーに選ばれており、現在のワイナリーの評価は赤星5です。(赤星5はオーストラリア全体のワイナリーで7.9%しか存在しません。)近い将来最高の評価を受けることになると思います!

2021年にはベストバリューワイナリーのトップ10にも選出されており(ワインのクオリティに対し、価格設定が最もお得と評価されたワイナリーが選ばれます)、オーストラリア国内に約2200軒あるワイナリーの中でもその品質と価格のバランスが高く評価されています。

ミューストーンの歴史は2011年にダントルカストー海峡のほとりからスタートしました。

マシューとジョナサン兄弟はワイナリーでの介入を最小限に抑えたワイン造りを心掛けています。

彼らの自社畑で造られているワインは毎年ほぼ全て完売し、ミューストーンが運営しているワインクラブに入らないと手に入れることが出来ないワインが多数ある程、国内でも非常に人気の高いワイナリーです。

ワインメーカーであるジョナサンはニュージーランドでワイン醸造を学んだ後、オーストラリア国内各地をはじめセントラル・オタゴ(ニュージーランド)、バローロ(イタリア)、オカナガン・ヴァレー(カナダ)など世界各地のワイナリーでワイン造りの経験を積んだ、超実力派のワインメーカーです。様々な土地でワイン造りを学んでいたことを集約し、ミューストーンのワインに反映させています。

2022年6月には彼らの自社畑がオーストラリアで最もレベルが高い畑が受賞する、ヤングガンオブワイン・ニューヴィンヤードオブザイヤーにも選ばれたばかりで、生産者だけでなく所有する畑もオーストラリア国内でトップレベルの評価を得ています。

(ちなみに歴史ある畑を評価するオールドヴィンヤードオブザイヤーはヘンチケのヒルオブグレースでした)

タスマニアはオゾン層が薄く、紫外線が強いので凝縮感の高いブドウが育ちますが、ミューストーンの畑は周りが海に囲まれているため、海からの冷たい風でブドウの酸味は保持され、アルコールは穏やかで重過ぎない素晴らしいバランスのワインに仕上がります。

ワインは酸化防止剤の添加を非常に少なくしており、畑では農薬不使用で栽培と醸造どちらもオーガニックをいち早く取り入れて実践しています。

オーガニックなワイン造りは虫やブドウの病気を防ぐ為、ブドウ畑を常に細かく管理しなくてはいけません。非常に手間とコストのかかる方法を選んでいることからミューストーンのワイン造りへのこだわりを垣間見ることが出来ます。

最近建てられたセラードアも美しい作りになっています。内装はとてもシンプルで光沢感のあるカウンターテーブルにレザーとウッドの椅子など素材も拘っていますよね。

並べてあるラベルの色合いとかも拘ってるな~と思って見入ってしまいます。笑

ワイナリーの素晴らしい景色を眺めて、スタッフの詳しい話を聞きながら飲むワインは美味しいだけでなく、特別な時間になりますね。

海や山などの大自然に囲まれながら、飲むワインは格別ですね。美味しいワインが更に美味しくなります。

ミューストーンのラベルは全てタスマニア在住の版画家のアーティストにわざわざ依頼して作製されたラベルのデザインです。抽象的なデザインで個人的にお気に入りのラベルです。細部までのこだわりを感じます。

彼らのワインをルシオールに全て任せて頂いたことを誇りに思います。是非ご期待ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mewstone Wines(@mewstonewines)がシェアした投稿

ミューストーンのインスタグラムも是非チェックしてください!美しい畑での作業を見ることが出来るのでとても楽しいですよ。度々出てくる虫や動物達に癒されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luciole Wine Shop(@luciole_wine)がシェアした投稿

ルシオールのインスタグラムも毎日更新中です!最新情報なども是非こちらからチェックしてください!お問い合わせもDMから24時間いつでもお問い合わせくださいませ。

飲食店様も大歓迎です。是非お気軽にお問い合わせくださいね。

またブログどんどん書いていきます!ここまでお読み頂きありがとうございました!

Luciole 清水